そもそもフォークリフト免許とは?

工場や港などで用いられている荷役運搬機械の一つとして、車両型のフォークリフトが挙げられます。

フォークリフト免許とは、それらを運転するために必要な資格です。実際には免許証が発行されるわけではなく、教育や講習の修了証として付与されます。車両の最大積載荷重によって、1トン以上とそれ未満の2種類に分けられることも大きな特徴です。


また、フォークリフト免許と自動車免許の違いも理解しておきましょう。

フォークリフト免許は労働安全衛生法で定められた資格です。道路交通法は関係がないため、フォークリフト免許があってもフォークリフトでは公道を走れません。自動車免許を管理しているのは国土交通省であり、フォークリフト免許を管理しているのは厚生労働省です。




受講資格はあるの?難易度はどれくらい?

1トン未満のフォークリフト免許を取得するには特別教育を受ける必要があり、1トン以上のフォークリフト免許に関しては技能講習を受講しなければなりません。どちらも受講資格は特に定められておらず、法律的には年齢に関係なく受けられます。

18歳以上であることが条件だと認識されがちですが、それはフォークリフトを使って働くことが法律で認められている年齢です。その制約があるため、18歳以上になってから受講する人が多く、教習機関によっては18歳未満を受け入れていない場合もあります。

 

また、いずれも技能の習得が目標であり、落とすための試験ではありません。

正確なデータは公開されていませんが、受講者はほぼ合格しているという実情があり、難易度は決して高くないとされています。

 

 

転職に有利?免許を取得するメリット!

フォークリフト免許を取得すれば、仕事の幅が大きく広がります。

工場や物流倉庫をはじめとして、日常的に重い荷物の運搬や積み下ろしを行っている現場は多いです。それらを効率的に実施するには、フォークリフトおよび運転できる人材が欠かせません。


そのため、免許所有者を積極的に採用している企業はたくさんあり、時期に関係なく求人は豊富であることが一般的です。転職後の初任給が高く設定されているケースや、資格手当が毎月付与されるケースもよくあります。


製造は日本の主要産業であり、物流もオンラインショッピングの普及で増加傾向にあります。これらにおいて、製品をスムーズに運ぶフォークリフトは今後も要となる存在です。したがって、免許所有者のニーズも将来的に高い状態が続くことを期待できます。

 


取得までの流れをチェックしておこう!

フォークリフト免許の取得に必要な特別教育や技能講習は、複数の団体によって実施されています。

代表的なのは、フォークリフトのメーカーや都道府県労働局の教習機関などです。それらのホームページで募集をチェックして、実施する会場や日程を確認したうえで申し込みましょう。

 

申し込み方法は統一されていませんが、所定の用紙に証明写真を貼り、必要事項を記入のうえ、運転免許証の写しなどを添えて提出するパターンが一般的です。また、ホームページのフォームで行えるところも増えてきました。指定された方法で料金を支払い、実際に受講してカリキュラムを修了することで免許を得られます。


技能講習に関しては、カリキュラムの一部として実技試験学科試験があるので、それを受けて基準点を上回ることも条件です。

 



費用と時間はどれくらいかかるの?

1トン未満のフォークリフト免許を取得する際の特別教育は、受講料やテキスト代などすべて合わせて、1万5000~2万円が相場となっています。

学科科目と実技科目に分かれており、それぞれ6時間ずつなので受講は合計12時間です。受講場所などによって異なりますが、多くの場合は2日ほどかけて実施されます。

 

一方、1トン以上のフォークリフト免許の取得に必要な技能講習は、すべての費用を合わせると相場は4万5000~5万円です。

こちらは学科科目11時間と実技科目24時間の合計35時間となっており、早い場合でも5日ほどかかります。

 

ただし、所有する自動車免許や特別教育の受講実績により、科目や費用の一部が免除になるので確認が必要です。

 


費用が心配なら助成金の利用を検討!

厚生労働大臣が指定している教育訓練に、フォークリフトの技能講習が含まれています。そのため、教育訓練給付制度の利用が可能であり、助成金として同制度の給付金を受給できます。

ただし、全員が受けられるわけではなく、対象者の条件を満たしていなければなりません。たとえば、在職中の人は、受講開始の時点で、雇用保険の被保険者期間が3年以上あることが条件です。


対象者として認定されると、受講にかかった費用の20%にあたる金額が支給されます。ずは、公共職業安定所で自分が対象者であるかどうか確認することが大事です。技能講習を申し込む際に教育訓練給付制度の欄があるので、対象者だと分かった人はチェックを入れておきましょう。


356
求人ID
3771-00
仕事内容
検査
派遣
組立・組付け マシンオペレーター 検査 梱包・仕分け
給与
月収286,600円〜286,600

【時給】1,200円
【月収例】286,600円

通勤手当:上限 月額 10,000円...

 

 

 

 

356
求人ID
5019-00
仕事内容
組立・組付け
契約社員
組立・組付け 加工 マシンオペレーター
給与
月収168,000円〜255,485

【時給】1,050~1,313円
【月収例】168,000~255,485円

通勤手当...